メニュー

施設案内

最新機器を取り揃えて安全、確実な診療を提供します。

検査機器

光干渉断層計(OCT)、光干渉断層血管撮影(OCTA); Canon Xephilio OCT-S1

光干渉断層計(OCT)は眼底の断層像を得られる機器で、網膜の病気や緑内障の診断および経過観察に役立ちます。本機器(Canon OCT-S1)はOCT機器における最新機種で、これまでの機器よりもより広い範囲、かつより深い(眼の奥の方の)眼底の精細な情報を短時間で取得することができます。本機器では光干渉断層血管撮影(OCTA)も行うことができます。OCTAでは造影剤を用いずに網膜の血流状態を評価することができます。本機器はOCTAにおいても広範囲で深い深度の画像を短時間で取得することができます。これにより、診断の精度が高まるのみでなく、患者様の負担が軽減されます。

眼底撮影機器;共焦点走査型ダイオードレーザ検眼鏡 Mirante

広範囲で精細な画像をより少ない患者負担で得ることが出来ます。

フルオレセイン蛍光眼底撮影に加えて、インドシアニングリーン蛍光眼底撮影も可能な仕様にしました。これにより、加齢黄斑変性をはじめ、眼底疾患を正確に診断し、的確な治療につなぐことが出来ます。

眼軸長測定装置;ARGOS

白内障手術で眼内レンズの度数決定を正確に行うために必要な生体測定機器における最新機種です。より短時間で正確な測定が可能になったため、白内障術後の屈折(≒裸眼で見えるピントの距離)誤差を小さくすることが出来るようになりました。また、実際の手術をより正確に行うことに役立つ機能も備わっています。

自動視野計;imo vifa

緑内障をはじめ、様々な病気の視野の評価に用います。本機器(imo vifa)は新しい優れたプログラムにより、従来よりも短時間で正確な検査を行うことが可能です。片目ずつ眼帯をする必要もなく、自然な見え方、かつ楽な姿勢で検査を行うことができますので、患者さんの負担も少なくなります。

手術機器(作成中)

白内障手術装置

硝子体手術装置

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME